電気柵線の点検

 

2011-04-13
農場統括責任者の豊田です。

今日は、じゃがいも定植前の仕上げとして

畑に設置してある電気柵線の保守作業を行いました。

じゃがいもを植える畑は約16アールあるのですが

現在使用しているのはたまねぎ3アールと

にんにく1アールのみ。



今回じゃがいもを2アール栽培するのですが

残り10アールではさつまいもを栽培します。



この区画は主に芋を栽培するので

その芋を好む猪をどれだけ防げるかが

収量にも結びつくのです。



2段に張っている柵線の間隔を20cmに直し

更に下の柵線と地面との間隔も20cmに合わせます。

そして上下の柵線を結ぶ「わたり」をつなぎます。



通常「わたり」は30m間隔で設置するのですが

今回は10m間隔で設置してゆきます。

こうして漏電での不通電を減少させると共に

全体の出力電圧を安定させます。

無農薬野菜を育てるのも大変ですが

正直、防獣対策の方がはるかに大変です。

今年こそしっかりと芋が収穫出来るように頑張ります。



 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.