電気柵本体の保護

 

2011-04-13
農場統括責任者の豊田です。

電気柵線の保守作業を研修生にまかせ

私は電気柵本体を保護する為の木箱小屋を作ります。

本体はこちら…



そして電源がこちら…



本来は単一乾電池8本で作動するのですが

今回の東日本大震災の影響で乾電池の在庫がないのです。

そこで車用のバッテリーを電源にして使うことにしました。

まずは材料の準備からですが今回も前回同様

堆肥小屋建設で出た廃材を使います。

これを木箱小屋6個分用意…



板だけで180枚、準備だけで3時間かかりました。

そして製作開始…







みわ・ダッシュ村で大きな問題となっているのが

電気柵本体の盗難です。

今年に入ってすでに4台が被害にあっています。

野菜を狙う害獣から畑を守るために電気柵を設置しても

電気柵の本体が盗難に合い

無防備になった畑の野菜にまで被害が発生しているのです。

今度はその電気柵本体を狙う者から

電気柵の本体そのものを守らなければなりません。

何とも悲しい現実です…



 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.