赤カブの酢漬け

 

2012-04-26

ふるさとオーナーNETの清水流美です。

今日はこのような記事を見つけました。


青森県平川市東部の山あいにある切明地区の農家の女性たちが、同地区の畑で冬を越した赤カブの加工品「春まち赤カブの酢漬け」を3~5月の季節限定で販売しています。

標高が高い同地区で冬を越した赤カブには甘みがあり、パリッとした歯触りが特徴となっています。

同地区で生産される高原野菜の製造・販売を手掛ける農家女性のグループ「いどさわ加工クラブ しぐさの郷」が、残雪で農作業ができない春先の収入源として、4年ほど前に開発しました。

作付けした赤カブの3分の1ほどを秋に収穫しないまま畑に残し、雪に埋もれさせ、2月ごろから雪を掘り起こして収穫し、酢漬けに加工します。

秋に収穫した野菜で作った漬物がなくなる時期に店頭に並ぶため、すぐに売り切れることが多いそうです。
記事はこちら。東奥日報より)


「雪の下で熟成され・・・」などと聞くと、おいしそうに思えて、すごく興味をひかれます!

 

 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.