桜島大根コンテスト

 

2012-01-30

ふるさとオーナーNETの清水流美です。

今日はこのような記事を見つけました。


鹿児島県特産の桜島大根の重さや見栄えを競う「第12回世界一桜島大根コンテスト」が29日に開かれました。
県内外から44点が出品され、鹿児島市の農業大野カズ子さんが歴代最軽量の16.5キロで優勝しました。

コンテストでは、重さに加え、ハート形が理想とされる形や葉の付き具合、胴回りの長さなどを審査して総合評価をするそうです。

今年は、歴代最軽量での優勝となったそうですが、活発な活動を続ける桜島の降灰や昨年末の暖冬の影響で小ぶりな大根が多かったそうです。ただし味は上々とのこと。
記事はこちら。西日本新聞より)


桜島大根の大きさに関するニュースはこれまでも耳にしていましたが、そういえば、食べたことがありませんでした。
記事には今年のものの味は上々と書いてあったのを見て食べて見たくなりました。
 

 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.