ご当地おにぎり

 

2011-11-11
ふるさとオーナーNETの清水流美です。

今日はこのような記事を見つけました。

新潟県の県旅館ホテル組合が地元食材と地元コシヒカリを使った「ご当地おにぎり」を、県内八つの温泉地の旅館やホテルで朝ご飯に出し始めました。

地元の特産品を具に、地元産コシヒカリを使ったおにぎり、というルールを決め、各温泉地で工夫を凝らしたご当地おにぎりを開発し、地元にこだわったおにぎりを朝ご飯に提供しているそうです。

手軽に食べられるおにぎりで、その土地ならではの食文化を知ってもらうとともに、宿泊客の誘致やコシヒカリの消費拡大を狙うそうです。
記事はこちら。asahi.com)

記事ではご当地おにぎりのいくつかの写真も見ることができますが、どれも美味しそうです。
手軽に食べられるけれども、だからといって適当に作ったものではなく、美味しいものが食べられれば、満足感も十分に得られそうですね。



 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.