種じゃがいもの準備

 

2011-04-11
農場統括責任者の豊田です。

今日は種じゃがいもを切る作業です。

小さい種いもはそのまま植ますが

大きい種いもは半分に切ります。



切る時は両方の種いもに

3つ以上の芽が残る様にします。



そして切り口に「じゃがいもシリカ」をつけます。



この「じゃがいもシリカ」は

100%天然高純度珪酸塩白土で

植物に必要なミネラルを豊富に含み

腐敗の抑制・発芽発根の促進・根圏土壌の改善

肥効力と保水性の向上・強健旺盛な生育を促進します。



ほぼ1日かかってしまいましたが

約800個の種じゃがいもが出来ました。

今回栽培するのは「シンシア」という品種です。

これは昨年自給用に栽培したのですが

選んだ理由は「保存出来る期間が長い」

というつまらないものでした。

でも自給用ですから保存出来ないと意味がないので

私にとっては立派な理由なのです。

いざ栽培してみると発芽にばらつきがあり

他の品種よりも芽が揃う時期が遅いです。

ですが結構立派なじゃがいもが大量に収穫出来たのです。

そして実際に食べてみると味も良かったので

今年は農場栽培への導入となりました。

栽培のポイントは

①植える間隔を他の品種より狭くする。

(通常は30cm~40cm間隔ですがこれは20cm~30cmで植える)

②芽かきする時に残す芽は他の品種より多くする。

(通常は2~3本の芽を残すがこれは3本~4本残す)

③しっかりと芽出しをしてから植える。

(この品種は休眠が長いので、芽が出ていない状態で植えると欠株の原因になる)

①と②の理由としては、

この品種は一般的な品種と比べるといもが大きくなります。(2L~3L)

そこで間隔狭く、なおかつ芽の数を多くする事で

一般的なサイズのじゃがいもが収穫出来るからです。

私こだわりのじゃがいもです。



 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.