牛糞堆肥

 

2011-04-09
農場統括責任者の豊田です。

本日は牛糞堆肥の搬入日です。



今日の搬入は2tダンプに2台です。



新しい堆肥小屋はまだ未完成なのですが

明日は雨の予報なので雨露をしのぐため

堆肥小屋へと降ろして頂きます。



この堆肥小屋は2tダンプが荷台を上げた時

屋根を引っ掛けないようにと

お隣り京都庵よりダンプを借りて高さを計測し

それを元に屋根の高さを決定しました。

ですが今回搬入して頂いた取引先のダンプはアオリが深いので

荷台を傾けた時の全高が普通のダンプより高いのです。

予想外の展開に少し戸惑いましたが

荷台を上げた状態で出る事は出来ませんが

堆肥小屋内での降肥には問題ありません。

搬入が終わると同時に堆肥を積込むためユンボを堆肥小屋内へ…



5mもの高さがあればさすがにユンボでの作業もスムーズです。



とは言ってもこのユンボ、

こんな作業に使うには大きすぎます。

私の理想としては畑での収穫作業や排水溝作りなど

もっと小回りがきく2tクラスのものが扱いやすいのですが…

そんな事を考えながらも作業は順調に進んでいます。



この牛糞堆肥は発酵具合も良く

温度が高いのか湯気が立ち込めています。





この牛糞堆肥は今年1年を通して農業体験学習を行う

空色というグループが利用する畑に施肥します。

ですが残念な事に、

私1人での作業なのでこれ以上の画像がありません。

それにしても新しい堆肥小屋と軽ダンプの導入で

作業効率が格段にアップしています。

今後が益々楽しみになってきました。




 

Copyright© 2010 - 2022 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.