わんこもち大会

 

2012-02-07

ふるさとオーナーNETの清水流美です。

今日はこのような記事を見つけました。


岩手県一関市の大町商店街で、「わんこそば」ならぬ「全国わんこもち大会」が、5日、開かれました。

同市では、冠婚葬祭で餅を食べる風習があることから、地元のまちづくりグループが餅文化の発信のためにと2008年にこの大会を始めたそうです。

「しょうゆ」「あんこ」「ずんだ」を絡めた各直径3センチほどの餅3種類を5分間でいくつ食べられるか競います。

2人一組の団体戦の優勝者は99個、女性個人戦の優勝者は27個を食べたそうです。
記事はこちら。毎日jpより)


直径約3センチと少し小さ目とはいえ、おそばと比べたら食べるのに時間がかかるお餅を5分間で27個とは、すごいですね。
 

 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.