被災児童用じゃがいも畑耕耘

 

2011-08-06
農場統括責任者の豊田です。

この夏「NPO法人たんご村」が東日本大震災被災地である

福島県いわき市と伊達市の被災児童約40名を

宮津市、綾部市、福知山市、京丹後市で受け入れる

「被災児童サマーキャンプ」を企画。

児童は4日に宮津市入りしており福知山市へは

12日の夕方に到着し16日まで滞在する予定となっています。

福知山市滞在中の宿泊施設は下川合公民館となっており

みわ・ダッシュ村では13日の昼食にバーベキューを提供し

14日にはじゃがいもの植え付け体験も実施いたします。

植えつけたじゃがいもは12月の収穫を予定しており

収穫後参加児童全員の各家庭にお届けする事となっております。

本日は植え付け体験に使用する圃場の耕耘を行いました。



この圃場へは3週間前にEM堆肥を施肥していますが

堆肥の栄養分で異常に生育した雑草を刈り取り

残った根を耕耘して活動を鈍らせるのが目的です。





明日はEMぼかしを散布し再度耕耘



そして来週末に畝立てを行う計画となっています。



みわ・ダッシュ村での時間が少しでも

良い思い出となる様心を込めて作業しました。



 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.