岩津ねぎ播種

 

2011-04-17
農場統括責任者の豊田です。

たけのこを掘り研修生も上機嫌なので

岩津ねぎの種蒔きを行いました。

岩津ねぎは兵庫県朝来市の特産品で

市場にも余り出回っていないため

種の入手も非常に困難です。

今回は朝来市の知り合いの農家にお願いして

特別に分けて頂きました。



通常は畑に苗床を作り、

種蒔きをした後間引きながら

7月下旬頃まで苗を育てます。

その後定植するのですが

なるべく無駄をなくしたいので

セルトレーで育苗する事にしました。



この作業はとても根気がいるので

気合を入れて取り掛かります。









つまようじの先を水で濡らし

種をくっつけてセルトレーへ

一粒一粒置いてゆきます。

セルトレー1枚に288個の穴があるので

穴の数だけ種を蒔きます。

今回はセルトレー10枚

実に2880個の種を一粒づつ置きました。

そして最後に…



薄く土をかぶせて出来上がり。

結局丸1日かかりました。



 

Copyright© 2010 - 2022 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.