【4月第4週目の農作業】和束手もみ保存会・初市出品茶

 

2012-04-27

2012年4月27日、和束手もみ保存会による手摘み&手もみがありました。
初市に出品するためのお茶作りで
あっきーをはじめ、おぶぶのメンバーも応援にかけつけました!

午前5時にメンバー集合して

手摘みをする茶畑へ

まだ太陽が上がりきる前の茶畑は

空気が澄んでいて気持ちがいい~
手もみ保存会の猛者たちが
  
手摘み開始!

丁寧に心をこめて・・・
あっきーも手もみ保存会の一員!

6~7時間かけ手摘みした茶葉は

次の製茶工程へ。いよいよ手もみです♪

※「手もみ」の製茶技術を身につけている人とても少ないのが現状。伝統製法である「手もみ」を絶やさないために活動しているのが、この「手もみ保存会」です!
まずは新芽を蒸します。

少しずつ、正確な時間で

二人の息もピッタリ合ってました!

●葉ぶるい(はぶるい)

蒸篭(せいろ)で蒸した茶葉は、風を当てながら乾燥させます。

焙炉(ほいろ)と呼ばれる熱源のある台に移し
茶葉を手で空中にふわっと舞い上がらせ、
ふるい落とすようにして、 露を取ってゆきます。

●回転揉み(かいてんもみ)

焙炉(ほいろ)で熱しながら、てばやく茶葉を左右にころがして、茶葉の内部の水分を乾燥させてゆきます。
このとき、茶葉の表面ではなく、内部の水分を乾燥させてゆくことがポイントです!

●玉解き(たまとき)
 
いったん茶葉を焙炉(ほいろ)から下ろします。
回転揉みでからまった茶葉を指で少しずつほどいてゆきます。時間がかかる、細かい作業です!

●「揉みきり」・「でんぐり」・「こくり」

もう一度茶葉を焙炉(ほいろ)に戻し、茶葉の形をそろえながら揉む、「揉みきり」や「回転揉み」を行います。
「こくり」では、茶葉をそろえて手のひらで焙炉に押し付けて茶葉の形を整え、光沢を出してゆきます。

手もみには5~6時間、合計10時間以上の作業を終えて、2012年初市用の茶葉完成です!!
今年の初市は3日後の4/30。
良い結果が聞けますように!!


▼メディア掲載情報
4/28京都新聞「夏も近づく、新茶初摘み 和束」

<お知らせ>

 

2012年 京都・新茶の初市 結果

 


なんと、今回、和束手もみ保存会が出品したこのお茶が、
京都最高値で落札されました~~~!!!

▼各メディア掲載情報
4/30KBS京都「茶市場で初市 出品は3年ぶり1t超え」

5/1朝日新聞「宇治茶の初市 最高は14万円」

5/1毎日新聞「宇治茶:初市 和束・手もみ煎茶、市場最高14万円」

▼市場最高値で落札された手もみ茶を数量限定販売中
幻の手もみ茶購入ページ


※売り上げの一部は手もみ保存会の活動に役立てていただきます!




 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・   < ギ ャ ラ リ ー >    ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 

 

Copyright© 2010 - 2022 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.