【プレスリリース】今こそ『お茶と禅』。静寂の禅寺にて。

 

2011-10-20
今こそ『お茶と禅』。静寂の禅寺にて。
お茶の大学・講座『お茶と禅』~茶産地の禅寺がキャンパスに。



【概要】
国際茶園協会(http://teafarms.org/ 0774-78-2911代表:松本靖治)が運営する「お茶の大学・http://chadai.net/」 は、茶産地・京都和束の禅寺「大智寺」にて、講座『お茶と禅』を開催する。会場は京都和束でも最も山深い地域に建つ大智寺・本堂(築:江戸時代)。禅導師 は、約30年にわたり毎年、欧州各地で禅指導の経験を持つ大智寺住職:山田文諒(やまだぶんりょう)和尚。氏より「臨済禅」を実践形式で学ぶ。日本茶の大 奥・京都和束の静寂と澄んだ空気の中で、「茶と禅」の真髄に触れる最良の機会といえる。

■ 講座の詳細
【日程】 11/3(木・祝) 13:30~17:00
【場所】 臨済宗・百丈山大智寺(ひゃくじょうさんだいちじ)
京都府相楽郡和束町大字湯船小字中山20−1
【内容】 和尚説教「禅とは何か?」・臨済禅の実習・庭掃除(心を清める大切な修行)・
茶の振る舞い。和尚法話「禅の心」

■ 大智寺について
臨済宗永源寺派。開山は大観禅師。鎌倉時代に再興され、本尊は釈迦仏坐像。
境内には、江戸時代に建立された本堂が現存する。開山の大観禅師の肖像掛軸は、京都府指定
の有形文化財。本寺での一般の方を招いての禅修行は、3年ぶり。

■ 和尚:山田文諒(やまだぶんりょう)氏(79歳)
臨済宗永源寺派の宗務総長を12年にわたり務める。現在、大智寺歴住・住職。28年間にわたり
毎年、ドイツを中心に欧州で、禅の指導経験があり、文化の異なる外国人や未経験者への禅指導
にも実績が豊富。

■ お茶の大学について
コンセプト:お茶文化の裾野を広げるため、webを活用し、全国各地で茶関連イベントを開催。
制度概要: ・入試ナシ・入学金ゼロ・卒業しないのがいい生徒。(生涯学習型)
・web上で入学でき、誰でも何歳からでも入学可能。
キャンパス: ・固定的な校舎は持たない。
・全国の茶畑、茶店、茶の間、茶工場・禅寺などのお茶のあるすべての場所。
講座: ・全国各地で継続的に開催。
・日本茶に限らず、中国茶・紅茶についても学べる。

お茶大ホームページ ⇒ http://chadai.net/

⇒プレスリリースPDF版




 

Copyright© 2010 - 2021 ふるさとオーナー.NET All Rights Reserved.